プログラミング の Win32に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Win32

読み方、または別称:うぃんさんじゅうに

Win32とは、Microsoft WindowsのAPIのことで、特に32ビットプロセッサで動作しているWindows 95以降やNTで利用できるものはWin32 APIと呼ばれている。よって、正しくはWindows API(ウィンドウズ・エーピーアイ)と呼ぶ。Win32はそれらのWindowsにおけるWin32 APIの実装のことを指す。
Win32は、いくつかに分けられる。1つは、NT系の実装を指す「Win32」。2つは、9x系の実装になる「Win32c」で“c”は「compatibility」(互換)の頭文字になる。現在では9c実装も区別することなくWin32と呼んでいる。3つは、「Win32s」になる。
Windows 3.1用の実装で、“s”は「subset」(サブセット)の頭文字になる。しかしWindows 3.1には搭載されておらず、別途入手しインストールする必要がある。他にも、「Win32 for Windows CE」や「WOW64」(Windows on Windows 64)などがある。
Windows上で動作するアプリケーションにとって、Windows APIは各機能にアクセスするための接点になる。その為、Windows上で動作するアプリケーションを作成できるプログラミング言語や開発環境において、Windows APIを使用する手段が提供されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る