無線LAN の Wi-Fi Directに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Wi-Fi Direct

読み方、または別称:わいふぁいだいれくと

Wi-Fi Directとは、無線アクセスポイントを使わず相互通信ができる規格である。従来のWi-Fiネットワークでは、通常アクセスポイントと呼ばれるデバイス基地局ホットスポットを要する。またネットワークからデバイスを追加・削除するために無線や有線ネットワーキングのための物理的なサポート、ネットワーク上のデバイス間のブリッジングおよびルーティング、そしてサービスの3つを主要とした機能を備えている。
ちなみに、典型的なWi-Fiネットワークは、ブロードバンドプロバイダへの有線接続、アクセスポイント、有線・無線接続で接続されたコンピュータやネットワーク上など、時に他のデバイスも含む。
しかしWi-Fi Directは、デバイスかアクセスポイントのどちからで動作が可能で、最初のアクセスポイントとして動作するデバイスを決めるために、Wi-Fiを直接デバイスに接続して使用することができる。
Wi-Fi Directは、製品によって利用方法が異なる。よって、Wi-Fi Directを使用するには、その製品に合ったやり方で設定する必要がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る