マークアップ言語 の WebKitに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

WebKit

読み方、または別称:うぇぶきっと

WebKit(ウェブキット)とは、オープンソースHTMLレンダリングエンジン群の総称のことで、アップルが中心となって開発している。現在は多くのプラットフォームに移植されているが、もともとはAppleのMac OS Xに搭載されるSafariのレンダリングエンジンとして、LinuxなどのUNIX系レンダリングエンジンであるKHTMLをフォークし、開発されていた。
WebKitを使用しているソフトウェアは、クロスプラットフォーム・Winodows、Mac OS XおよびLinux系のほかに、モバイル向けとしてBlackBerry Browser(6.0以降)やIris Browser(for Windows Mobile 5/6)などで使用されている。また、iTunesやAIRなどでも、使用されている。WebKitでは、次の作品としてWebKit2が2010年4月8日に分離プロセスモデルを採用して、開発が発表されている。
ただし、WebKit2の使用が可能なのはAppleだけの予定で、GoogleやKDEは元のWebKitを使う予定である。2では前作から大幅にAPI仕様が変更されており、互換性なども失われている。その為、区別しやすいように「WebKit2」とつけられている。WebKit2は、Safari5.1を翌年の7月21日にアップルから公開している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る