デザイン の Webセーフカラーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Webセーフカラー

読み方、または別称:うぇぶせーふからー

Webセーフカラーとは、256色からWindowsとMacで異なる40色を除いた216色のこと。1994年にNetscape Communications社が提案した色の集合である。
ブラウザはOSのシステムパレットの色を参照して表示しているが、ブラウザで表示しているWebページでシステムパレットにない色が使用されていると、違う色に書き換えて表示してしまうため、閲覧者のコンピュータの環境によっては正しく色が再現されないことがある。
そのためNetscape社は、最低限必要と思われる216の色を選定し、Netscape Navigatorの閲覧において、OSやコンピュータ環境が異なっていてもこれらの色が必ず表示できることを保証した。
Webページの作成に使われるHTMLでは、色の三原色(赤・青・緑)をそれぞれ256段階に分け、その組み合わせによってフルカラー1677万7216色を使用することができるが、Webセーフカラーは、Webサイト上の色を赤、緑、青のRGB値をそれぞれ6段階に分割し、16進数で「0」、「3」、「6」、「9」、「c」、「f」を組み合わせたものと規定されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る