Webサービス の WSDLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

WSDL

読み方、または別称:だぶりゅえすでぃーえる

WSDLとは、Web Services Description Languageのことで、Webサービス記述言語、またそれによって記述された定義ファイルの総称である。WSDLは略称になる。表記はXML形式。XMLとは、個別の目的に応じたマークアップ言語作成で汎用的に使える仕様で、策定された言語の名称になる。
一般的にXML(エックスエムエル)と呼ぶが、正式名称はExtensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)になる。JISによる訳語は、“拡張可能なマーク付けの言語”となる。
WSDLは、Microsoft社・IBM社・Ariba社の3社で開発を行っており、以前開発されていたSCLやNASSLの技術も取り入れている。
Webサービスの具体的内容を記述し、サービス提供されている場所、サービスに用いられているメッセージのフォーマット、プロトコルなどが記述されている。
プロトコルエンコーダ形式などに関わりなくフォーマットを再利用できるのは、データや操作を定義する部分が通信プロトコルに関する部分から分離しているからである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る