端末 の WQVGAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

WQVGA

読み方、または別称:だびゅるきゅーぶいじーえー

WQVGAはQVGA( Quarter Video Graphics Array)の派生規格で、QVGA とは、ディスプレイ装置などの画素数構成の一つで、縦横の画素数は320×240個、つまりすなわちアスペクト比では4:3になる。なお、画素数が縦横ともVGAの2分の1なので、総画素数ではVGAの4分の1 となる。
QVGAディスプレイは、従来はPDAや携帯電話、PHSなどの小型情報家電用として使われていた。なお、移動端末向けの地上デジタルテレビジョン放送であるワンセグの解像度も最大で320×240である。
QVGAの派生規格はいくつもあり、長辺を拡張したQVGA+(NECの登録商標)、WQVGA(ワイドキューブイジーエー)、WQVGA+(ワイドキューブイジーエープラス)、FWQVGA(フルワイドキューブイジーエー)がある。
WQVGAは400×240ドットでアスペクト比は5:3であり、カシオ計算機が開発したが、ワンセグの普及や携帯電話の大画面化に伴って、ほとんど全ての携帯電話メーカーが携帯電話端末に採用している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る