インターネット用語辞典 の WHOISに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

WHOIS

読み方、または別称:ふーいず

WHOIS(ふーいず)とは、インターネット上でのプロトコルの1つである。ドメイン名やIPアドレス・Autonomous System番号に対応する端末やその使用者をデータベースから検索するために用いられる。動作はTCP上で行われる。
インターネット上で情報通信をする際は、通信相手のIPアドレス等を知らなければいけないが、その相手を調べるために利用されている。SPAMメールの発信元の特定や、セキュリティ保護コンテンツの参照時に必要となる端末識別にもしばしば利用されている。
作成された当初はデータベースが全て同じ階層であったため、必要以上に情報を検索することが可能であった。しかし、セキュリティ上の観点から少しずつデータベースを分散させるように改良されてきている。
2004年以降はIETF委員会によって、WHOISに変わる新しい規格としてCRISP(Cross Registry Information Service Protocol)が提案され、現在開発が進んでいる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る