3次元グラフィックス の VRMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

VRML

読み方、または別称:ぶいあーるえむえる

VRML(Virtual Reality Modeling Language) は、3次元の物体に関する情報を記述するための仮想現実モデリング言語のファイルフォーマットである。
ファイル形式はコンパイルが不要なテキストファイルで、ヘッダ、コメント、ノード、プロトタイプルートから成り、3Dポリゴンの頂点と線の座標や、ポリゴンや色、画像テクスチャー、さらには光源の明るさなどが指定できる。
アニメーションや光源、視点の設定など、インタラクティブな効果も設定できるので、いわゆる仮想空間を構築できる。 さらに、Scriptノードを使用することで、Java・JavaScriptなどのプログラミング言語と連携させた動作を行うこともできる。
VRMLファイルは別名でワールドとも呼ばれ、.wrl の拡張子が付くが、VRMLファイルを閲覧するVRMLブラウザには、CortonaVRML Client、blaxxun Contact、PivoronPlayer などがある。 また、VRMLファイルは座標値などの3Dデータが多く含まれており、そのためにファイル容量が大きくなるので、gzipを使った圧縮が行われる場合も多い。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る