拡張カード の VRAMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

VRAM

読み方、または別称:ぶいらむ

VRAM(ブイラム、Video RAM)とは、コンピュータなどにおけるディスプレイに対するビデオ表示部分のメモリとして使われている。専用のデュアルポートのものもあれば、メインメモリと同じDRAMやSRAMを利用したものもあり、Video RAMの略称になる。
狭い意味では、ビデオ描画に適したデュアルポートRAMのことのみを指す。近年では、VRAMの高速化が進んだことでGDDRと呼ばれる高速処理専用メモリ規格が登場している。3次元グラフィックス描画など莫大のデータを高速転送できるなど実現。
主な規格は、GDDR3、GDDR4、GDDR5がビデオカードに搭載されている。その主な用途は、レンダリングした画面を走査するまでのバッファだが、レンダリングに際して用いているテクスチャなど素材をバッファリングしたり、中間処理にも用いられている。
これらの構成は、各機種のアーキテクチャによって大きく異なる。VRAMを用いたシステムのメモリ空間は、主記憶装置と同じアドレス空間を持つか、グラフィックコントローラが独立したアドレス空間を持つかどちらかになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る