情報科学 の Vモデルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Vモデル

読み方、または別称:ぶいもでる

Vモデル(V-Model)とは、ドイツ政府と軍関係のプロジェクトでは標準のIT製品開発の手法で、一般にも転用が可能なので、多くの民間企業でも使われている手法である。
なお、プロジェクトマネジメント手法としてはPRINCE2に匹敵するもので、システム開発やソフトウェア開発の手法としてもVモデルが使われているが、現行のバージョンは V-Model XTで2005年2月に完成した。
因みに、Vモデルは能力成熟度モデル統合(CMMI)との競合性はない。すなわち、CMMIは何をすべきかを示すものであるが、Vモデルはそれに加えて如何にして、何時、誰が責任を持って行うかも示す。
もともとVモデルはドイツ政府関連のソフトウェア開発工程を規定するために開発され、ソフトウェア開発の過程で行うべき活動とその成果物を規定している。つまり、Vモデルはソフトウェア開発のライフサイクルをグラフィカルに表現したものでもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る