健康・医療 の VDT症候群に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

VDT症候群

読み方、または別称:ぶいでぃーてぃーしょうこうぐん

VDT(Visual Display Terminal)症候群とは、長時間、コンピュータのディスプレイなどをみながら作業を行ったことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことで、テクノストレス眼症とも呼ばれる。
VDT症候群の具体的な症状は、目の乾き・痛み、充血感や視力低下感、そして眼精疲労、調節緊張などの目の不調などがあるが、首や腰の痛みや肩こり、胃痛や食欲不振、便秘などが起こる場合もある。
進行すると、頭痛やめまいが起きたり、怠さやいらいら感を感じたり、食欲不振や過食、生理不順や流産などを起こし、抑うつ状態になるなど、長時間の作業とは関係のないと思われる症状を引き起こすこともある。
VDT症候群を回避するには、1時間に10分程度の適度な休息を取ったり、軽い体操をして体をほぐすなど、長時間の作業にならないようにすることが効果的で、ディスプレイ高さを目高さより低くしたり、反射光を抑えるフィルタを装着するなどといった対策も有効である。また室内の照明環境のバランス保つことも重要。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る