xDSL の VDSLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

VDSL

読み方、または別称:ぶいでぃーえすえる

DSL(Digital Subscriber Line)はデジタル加入者線のことで、ツイストペアケーブルを使用する通信線路であり、VDSLとは高速な通信スピードでデジタルデータ通信を行う技術、もしくは電気通信業務のことを言う。
日本をはじめとする先進国では、インフラストラクチャーとして既存のメタルケーブル加入者線が利用できるのが長所で、上りと下りの速度が異なるADSL、CDSL、VDSL (Very high-bit-rate DSL)、長距離通信用のReach DSL、上りと下りが同じ速度のHDSL (High-bit-rate DSL)、SDSL (Symmetric DSL) などがあり、これらをまとめて、xDSLとも称する。
VDSLはこのようにデジタル通信には不可欠なラインであり、先進国では当たり前のことになっているが、多くの開発途上国などでは、このようなインフラストラクチャーは未だ整備の段階か、あるいはそれ以前であり、一刻も早い整備が望まれる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る