情報科学 の VDPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

VDP

読み方、または別称:ぶいでぃーぴー

VDP(ブイディビー)とは Video Display Processor の略で、コンピュータの機能区分うちの映像出力全般を担うプロセッサのことである。
すなわち、VDPとは、コンピュータの映像出力全般の処理を担当するプロセッサで、同じ概念としてはCRTC(Cathode Ray Tube Controller)やGPU(Graphic Processing Unit)、GDC(Graphics Display Controller)などがある。
CRTCはコンピュータの比較的初期の単純な映像出力のみの機能を持ち、高機能化や多色化よりもむしろ高解像度化に比重を置いて発展したものであるが、VDPは主にNTSCやPALなどの低解像度環境を対象として、動きの大きな映像出力や動画に比重を置いたものが多い。
現在のVDPは低解像度環境でスプライト機能や動画の伸長機能などを内蔵した、統合グラフィックプロセッサである。 なお、VDPはスプライト制御やホストCPUからのVRAMデータ転送、各種タイミング制御が必要なので、V9938のように専用にプログラムされたCPUを内蔵しているものが見受けられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る