CD の VCDに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

VCD

読み方、または別称:ぶいしーでぃー

VCD(Video CD)、ビデオCDは、一般的なCD-ROMに動画や音声などを記録し再生するための規格の一つである。
VCDに記録された映像画質は3倍モードのVHSテープとほぼ同程度であるが、VHSビデオテープのアナログ形式とは異なり、デジタル形式で録画されているので、画像の劣化がVHSより少ないのが特長である。
特に、映像の横揺れであるジッターが発生しない上に、ノイズや色むらなどもほとんど認識されない。その理由はDVDと同様で、映像の記録時にわざと目立たない部分の情報をカットして圧縮をかけているためである。ただし、ビットレートが低いため、動きが激しい映像の場合はブロックノイズがしばしば発生することがある。
なお、VCDは音楽CDの物理規格を映像記録に利用しているため、製造コストは比較的安く抑えることができる。そのため、DVDが登場する前は、価格面ではレーザーディスクより安く品質面ではVHSより高品質なメディアとして、東南アジア地域で広く普及した。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る