情報科学 の Unboundに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Unbound

読み方、または別称:あんばうんど

Unboundとは、オープンソースのDNSキャッシュサーバで、オランダのNLnet Labsによって開発された。バージョン1.0.0が2008年5月に正式公開され、スウェーデン社、英Nominet社、米VeriSign社などがJavaベースで作成したプロトタイプをベースにし、NLnet LabsがC言語で組み直し、Unboundとしてリリースしたものである。ライセンスはBSD。その元で公開されている。
特徴は、DNSキャッシュサーバとして特化していること。設計はシンプルだが、設定も簡単でかつ高速に動作し、大きなメリットとなっている。また、1つの設定ファイル(unbound.conf)のみですべての設定ができるという点も、特徴となっている。
セキュリティは、DNSキャッシュ汚染に強くDNSSECに対応していること。UnboundはDNSキャッシュサーバとして特化しているが、このDNSとはDomain Name System(ドメイン・ネーム・システム)のことで、インターネットを使った階層的分散型データベースシステムである。
現在は主にインターネット上のホスト名や電子メールに使われるドメイン名とIPアドレスとの対応として、管理・使用されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る