短距離無線通信 の UWBに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

UWB

読み方、または別称:ゆーだぶりゅびー

UWB(Ultra Wide Band)は超広帯域無線と言う無線通信方式で、近距離で高速通信が可能な無線技術のことで、この方式を採用した通信規格の多くが実用化されている。
UWBの技術はアメリカの軍事技術であるが、連邦通信委員会 (FCC) から2002年2月14日に民間利用の認可が下りたので民生用に利用されだしたが、アメリカでは特別な免許が無くても使用することができる。
なお、広い意味での超広帯域無線 は基本的には500MHz以上の帯域幅を使用する無線通信、または、比帯域幅が20%以上か25% 以上の無線である。これに対し、一般的な超広帯域無線は搬送波・広帯域変調を利用する近距離高速通信が可能な無線技術のことで、位置測定やレーダーの機能も持っている。
UWBの特徴は、消費電力が少ないことや、妨害電波に強いことで、また、高速通信が可能で、位置検出の精度が高く、誤差は数cm内であり、従来以上に広い周波数帯に拡散して通信を行うことができることなどである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る