UNIX の UUCPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

UUCP

読み方、または別称:ゆーゆーしーぴー

UUCP(Unix to Unix Copy Protocol)とは、通信プロトコルの1つで、複数のUNIXマシン間でデータ転送を行うものである。読み方は、「ユニックス トゥ ユニックス コピー プロトコル」。インターネットの初期に広く使われた通信手段である。通信方法は、電話回線上においてバケツリレー式にファイルを交換し合うもので、一定間隔、あるいはユーザの要求に応じて行われる。
基本的にダイヤルアップで使うことが想定されており、ファイルを転送したり、もしくは一定以上のデータが蓄積された時点で転送するなどする。また、電話回線は料金定額制のものを使用するか、もしくは電話料金の安くなる夜間に使われていた。
初期のインターネットにおいては、専用線は非常に高価であったためUUCPが広く使われていたが、後に通信料金の安いTCP/IPがインターネットプロトコルとしてが採用されたことをきっかけに、インターネット接続の高速化、定額制や常時接続が一般的となり、現在ではあまり使用されることはない。
ただし、このような環境にない国や地域では、使われていることもあり、例えば、洋上の船舶におけるメール交換などがある。これは、洋上の船舶での通信手段が、非常に高価な通信衛星によるものしかないためである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る