メモリカード の USBフラッシュメモリに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

USBフラッシュメモリ

読み方、または別称:ゆーえすびーふらっしゅめもり

USBフラッシュメモリはUSB メモリの一種である。USBメモリ(ユーエスビーメモリ、USB flash drive)とは、Universal Serial Bus (USB) を使用してコンピュータに接続してデータの読み書きを行う補助記憶装置である。
USBメモリの大きさは、例外もあるが、通常は長さが10センチ未満、幅と厚さはUSB A端子よりやや大きい程度で、USB規格には、USB Mass Storage Classという仕様がある。この規格に対応した機器及びOS であれば、特別なドライバをインストールすることなく、そのUSB メモリパソコンのUSBコネクタに接続するだけで、外部補助記憶装置として使うことができる。
データの記録にはフラッシュメモリが使われていて、記憶容量は数MBから最大256GBまでさまざまなUSBフラッシュメモリがある。
なお、フロッピーディスクやMO、CD、DVDの様にドライブ装置が必要でないため極めて利便性が高く、駆動部がないため衝撃に強い、小型で簡単に持ち歩けるのが特徴である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る