拡張カード の UMAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

UMA

読み方、または別称:ゆーえむえー

UMA(ゆーえむえぃ)はUnified Memory Architecture(ユニファイドメモリアーキテクチャの略で、メインメモリCPUに加えて他のデバイスにも共通して使うメモリアーキテクチャであるが、以前はNEC PC-8001で使われていた。
この場合、メインメモリの一部をVRAMの一部として扱い、CRTCにDMA転送し、画面を表示していたが、DMAが動作中CPUメモリバスを使えないために、画面表示中にはCPUは本来の能力を出すことができなかった。
そこでCPU動作速度の低下を避ける目的で、メモリバスの周波数をCPU本来のバス周波数以上に高く設定してCPUからのメモリアクセスをさまたげないようしたが、その後もメモリアクセス方式を工夫したり、最終的に表示に使うメモリのみをグラフィックボードに搭載するようになった。
今ではモジュールとしてメモリの増設が簡単になり、32bitアドレスのメモリ空間である4GBなども実装できるようになったが、ハードウェアの予約メモリ番地はメモリはリニアに使えない問題が残されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る