TCP/IP の UDPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

UDP

読み方、または別称:ゆーでぃーぴー

UDPとは、インターネットで使用されるインターネット・プロトコル・スイートの中核プロトコルの1つで、正式名称はUser Datagram Protocol(ユーザ・データグラム・プロトコル)と呼ぶ。UDPは、頭文字を取った略称になる。アプリケーションからInternet Protocol(IP)ネットワーク上の他のホストへ「データグラム」を送る時に使用され、事前に転送チャンネルやデータ経路などの特別な設定を不要とする。
主にIPプロトコルに実装されており、OSI参照モデルトランスポート層にあたる。パケット構造としては、最小メッセージ指向のトランスポート層プロトコルで、仕様はIETF RFC 768。上位層プロトコルへのメッセージ配送を保証せず、送信したUDPメッセージについて何の状態も保持しない。
その為、Unreliable Datagram Protocolと呼ぶこともある。意味は、「信頼できないデータグラムとプロトコル」。またUPDヘッダには4つのフィールドがあり、それぞれが2バイトとする。そのうち2つはIPv4、IPv6は送信元ポート番号だけがオプションになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る