の Tcl/tkに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Tcl/tk

読み方、または別称:てぃくるてぃーけー

Tcl/Tkは、ティクル・ティーケーと読む。GUIツールをすばやく作ることができるすくリプティング環境である。Tcl/Tkは、Windows、Machitoshなどで動作する。Tclは簡単な文法に特徴があり、TkはTclだけではなくPerl、Rubyなどにも使用されているGUI環境である。
Tclは、1988年にカリフォルニアにあるバークレー校の教授J.K.Outenhourによって作られた。プログラムに使われる言語に当時は共通性はなかった。それで共通性があり標準として使うことのできるスクリプト言語を設計した。Tclはインタープリタ言語であり、アプリケーションへの組み込みを行うことを簡単にできる。Tkは、簡単にTcl上にGUIを設計できるキットとして1990年頃に公開された。GUIを設計するという目的よりもGUIスクプティング環境として使われることが多かった。Tkは使いやすいキットであるため他の言語でも広く使用されている。
Ousterhourの退職により、Tcl/TkはSUN Microsystemsの手からはなれオープンソースとなった。Tcl言語はRubyなどに比べるとマイナーな言語である。ただ、EDAツールに使われることや、電子国土Webに使われるなど使用している例もある。TkもQtなどとともにツールキットとして広く使われている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る