コンピュータの形態 の TOP500に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

TOP500

読み方、または別称:とっぷごひゃく

TOP500とは、1993年に発足した世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までを定期的にランク付けし、評価するプロジェクトである。
1990年代に入って有意な統計を得るためにスーパーコンピュータの新たな定義が求められるようになり、1992年にプロセッサ数によるランク付けが試みられた。その後、1993年にプロジェクトに加わったテネシー大学のジャック・ドンガラによりLINPACKベンチマークが提供され、既存の資料をもとに試行版が1993年5月に作成された。
6月のInternational Supercomputing Conferenceと11月のACM/IEEE Supercomputing Conferenceの開催に合わせてスーパーコンピュータのリストの更新を年2回発表しており、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)における傾向を追跡・分析するための信頼できる基準を提供している。リストの作成はマンハイム大学、テネシー大学、ローレンス・バークレイ米国立研究所の研究者らによって行われている。
1993年以降に1位を獲得したシステムは、2011年11月と2011年6月の富士通 京 (日本)、2010年11月のNUDT 天河一号A (中国)、2009年11月の Cray Jaguar (アメリカ)、2008年6月のIBM Roadrunner (アメリカ)など。日本の京が、最終構成での測定で、世界で初めて10ペタフロップスに達し、2回連続で1位になっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る