ISDN/TA の TAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

TA

読み方、または別称:てぃーえー

TA(てぃえぃ)はTerminal Adapter、すなわちターミナルアダプタの略で、通信回線と通信機器を接続するためのインタフェース変換装置を指す用語である。一般的には、ISDN回線にアナログ電話機や、コンピュータなどを接続する際にインタフェース変換を行うデータ回線の端末を指し、様々なタイプのものがある。
TAには、電話局からの給電による動作に対応しない場合が多いので、商用電源(100ボルト)が必要になる。なお、充電電池を内蔵しているものが多く見られるが、停電時に動作しないTAもあるので、注意を要する。
TAの機能には、加入者線インターフェースがあり、折り返し試験機能付きDSUが内蔵されていて、加入者線に直結できるものが多い。また、アナログ加入者線とISDN基本速度インターフェースの自動判別機能で、アナログ回線に接続された時に内線交換機の機能を果たすものもある。
また、S/T点インターフェースを持つものも多いが、他のISDN機器のS点や、他のDSUのT点に接続することも可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る