UNIX の Syslogに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Syslog

読み方、または別称:しすろぐ

Syslogとは、ログメッセージをIPネットワーク上で転送するための標準規格である。通信プロトコルを指す場合だけではなくSyslogメッセージを保存するためのアプリケーションやライブラリにも使われる。Syslogは一般に、コンピュータシステムの管理とセキュリティ監視を目的として使われる。
Syslogは1980年代にエリック・オールマンがsendmailプロジェクトの一部として開発したものである。非常に便利だったためUNIXやLinuxでのロギングの標準となった。最近までSyslogはデファクトスタンダードで、規格があるわけではなく個々の実装も非互換化していた。セキュリティ強化のためInternet Engineering Taskはワーキンググループを結成した。2001年にその結果としてRFC-3164がまとめられた。
Syslogの利用は拡大しており様々なグループがSyslogの拡張の標準化を行っている。Syslogは、企業が包括的にセキュリティ強化を行う際、各種ソースからログを集め解析する時に使われる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る