情報科学 の Synapticに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Synaptic

読み方、または別称:しなぷてぃっく

Synapticとは、GUIツールキットのGTK+ (The GIMP Toolkit)によって作成された、Debianパッケージ管理システムであるAPT (Advanced Packaging Tool)グラフィカルユーザインターフェースフロントエンドのことである。一般的な使用場面は、debパッケージをベースとしたシステムであるが、RPM(RPM Package Manager)をベースにしたシステムでも利用することが可能である。
Synapticの開発は、Conectivaから資金援助を受け始められた。開発は、Alfredo Kojimaや、Conectivaに在職中であったGustavo Niemeyer、他の従業員らの手によって進められた。これにより、後にSynapticはConectivaのインストールプロセスにおいて使用されるようになったが、現在では、Synapticの管理はMichael Vogtによって行われている。
Synapticの主な機能としては、ソフトウェアパッケージのインストール、削除、アップグレード、リポジトリの追加などである。これらの機能の特徴は、パッケージは一度に複数扱えること、パッケージの検索、システムの大幅なアップグレード、FTP/HTTPやネットワークなど、混在したリポジトリ先の指定などが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る