種類 の Straceに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Strace

読み方、または別称:えすとれーす

straceとは、プログラムが使っているシステムコールおよび受け取るシグナルを監視するもので、Linuxのデバッグユーティリティである。他のUnixシステムである「truss」に類似しており、カーネルのptraceの機能によって実現されている。Cygwinでも、類似のユーティリティが提供されている。
一般的な使い方として、プログラムをstraceを用いて開始し、それによってそのプログラムが呼び出すシステムコールの一覧が出力される。これは、プログラムが頻繁にクラッシュしたり、意図しない挙動に有用となる。
straceを用いると、プログラムが存在しないファイルや、読み込めないファイルにアクセスしても、すぐに分かる。また、別の使用法として、-pフラグを用いて、実行中のプロセスにattachするというものもある。これは、プロセスが応答しなくなった時に有用となり、一例としてプロセスがネットワーク接続を確立している途中に、ブロックしているかどうかが判明する。
straceはシステムコールのみ出力するため、検知できる問題は限られる。しかし、比較されているデバッガよりも使用が容易で、システム管理が使うには非常に有用なツールとなる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る