インターネット用語辞典 の SnapCalに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SnapCal

読み方、または別称:すなっぷかる

SnapCal(スナップカル)とは、iPhone/Android用のカレンダーアプリのことで、インフォテリア株式会社が開発を行っている。FacebookやEvernote、Twitter、Googleカレンダーなど他社提携のパーソナルクラウドとの連携を特徴としている。2010年3月に発売されたTwitCal(Twitter対応のカレンダーアプリ)を、EvernoteやGoogleカレンダーに対応させ、改名とバージョンアップしたことで「SnapCal」になる。
Facebook連携では、Facebookの「友達」の誕生日や出席イベントを画像付きでカレンダーに取り込め、Evernote連携では、入力されているイベント情報の中から、日時情報や場所情報を自動的に抽出し、カレンダー入力することができる。Twitter連携では、カレンダーの情報をTwitterにツイート、またツイートされたイベントの情報をカレンダーに取り込むことができる。
Google連携では、双方向の同期が可能となっている。また、2011年11月には、SnapCalがシャープ製「GALAPAGOS」に標準搭載している。どのアプリケーションもフリーで配布しているので、自由にインストールすることができる。SnapCalの名称は、Evernote社のCEOのPhil Libin氏によって命名された。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る