文字コード の Shift JISに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Shift JIS

読み方、または別称:しふとじす

Shift JIS(シフトジス)とは、パソコン上のファイル内で日本語を表す際に使われる文字コードである。もともとは、ベンダーによって独自拡張を含む文字コード群に対する曖昧な名称であったが、現在は標準化文書JIS X 0208附属書1で規定されている。また、「Shift_JIS」はIANAにおける登録名にもなる。
Shift JISには、利点と欠点が大きく分かれる。利点は、全角文字とJIS X 0201で定義したい半角カナ文字を同一のコード体系で表現できることと、MS-DOSで日本語用文字コード採用後は、その他の文字符号化方式に比べデータ交換の可能性が高くなる。
一方欠点は、半角カナのための領域を確保することで、コードシークエンスが区点番号の「区」とは別の個所で分断してしまい、コード番号を演算で求める際に煩雑な処理を求められてしまう。また、2バイト目に8016未満(ASCIIのコード領域)が現れてしまうことや、JIS補助漢字が表現できないこと、文字集合で実装ベンダがJIS X 0208で規定されていない機種依存の拡張を施していることが多いため、拡張部分に関してはデータ交換の可能性が低くなる。
Shift JISは利点よりも欠点が多く目立ち問題点もあるが、パソコンにおいて圧倒的な普及度があるため、データ交換可能性には大変優れている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る