WWW用語辞典 の SSLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SSL

読み方、または別称:えすえすえる

SSL(Secure Sockets Layer)は、別名Transport Layer Security(トランスポート・レイヤー・セキュリティ)とも言われているセキュリティのためのプロトコルである。Transport Layer Securityの略称は「TLS」。SSLはもともとTLSの元になったプロトコルなため、TLSとSSLは同じ意味を持つ。
ちなみに、TLSよりもSSLの名称のほうが普及幅が広く、多くの人に知られている。ちなみに、SSLでもTLSを含む場合と含まない場合がある。TLSを含むSSLは、作業部会ではなくプロトコルを指し、バージョンを特定しない場合のみTLSが含まれる。
逆にTLSは、HTTPでの利用を目的とし設計されており、コネクション型のトランスポート層プロトコルになる。その為、アプリケーション層の決まったプロトコルには依存しないのが特徴である。SSLのバージョンは1.0〜3.0が、TLSは1.0、1.1、1.2がある。
バージョンによって機能性も異なり、追加された機能もある。提供している機能は、暗号化・認証・改竄検出。複数のアルゴリズムと選択肢があり、これらはSSL通信開始時に選択される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る