無線LAN の SSIDに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SSID

読み方、または別称:えすえすあいでぃー

SSID(Service Set Identifier)とは、IEEE 802.11シリーズの無線LANに設定されているアクセスポイントの名前のことである。複数のアクセスポイントが存在している場合に、どこに接続するのかを区別するためにつけられている。
無線LANのアクセスポイントと、アクセスする側の端末の両方に同じSSIDを設定し、SSIDが一致する端末とのみ通信を行うことができる。アクセスポイントの名前は最大32文字までの英数字で任意のものに設定することが可能である。
拡張されたESSID(Extended Service Set Identifier)も現在では同じものとして呼ばれる。アクセスポイントは定期的に自分の名前の情報を発信しており、コンピュータがそれを受け取ることで、そこからどんなアクセスポイントが使用できるかを知ることが出来る。
この情報発信のことをSSIDブロードキャストという。セキュリティの観点から、SSIDブロードキャストを停止させてアクセスポイントを隠すこともできる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る