色の表現 の SRGBに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SRGB

読み方、または別称:えすあーるじーびー

sRGBとは、国際電気標準会議(IEC)が定めたRGB色空間に関する国際基準規格のこと。色空間とは、表示、印刷できる色の範囲やその表現方式のことで、その方式は機器の特性によって左右されるため、多数存在する。このようなことから、入力時と出力時には色の差異が起こる場合がある。
そこで、互いの機器でsRGBの規格に則った色調整を行うことで、このような色の差異を出来る限り少なくすることを可能としている。そのため、一般的なモニタ、プリンタ、デジタルカメラなどは、基本的にこの規格に準拠している。
一般的には、RGB色空間は、加法混色を表現するために使用される。なお、RGBとは、光の三原色である赤 (red)、 緑 (green)、 青 (blue)、の頭文字である。これらは数値を増やすと白に、逆に減らすと黒になるという特性を持っている。他にも、このようなRGB色空間に関する規格が存在する。
その1つとして、Adobe Systemsによって提唱されたAdobeRGBが挙げられる。これは、sRGBと比べると、特に緑を中心に広いRGB色再現領域を持っている。そのため、印刷や色校正などでの適合性が高く、DTPなどの分野においては、AdobeRGBが標準とされている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る