RAM の SO-DIMMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SO-DIMM

読み方、または別称:えすおーでぃむ

SO-DIMM(small outline dual in-line memory module)とは、コンピュータで使われるメモリモジュールの規格の一種である。DIMMに対しより小さなモジュールを提供するための規格で、その大きさはDIMMの約半分とされる。その為、主にノートパソコンや省スペースパソコンで使われることが多く、プリンタールーターなどのネットワーク機器の機能拡張をする際も用いられている。
SO-DIMMには、72ピン・144ピン・200ピンのモジュールが用意されており、100ピンのモジュールは32ビットデータ転送をサポート、144ピン〜200ピンのモジュールは、64ビットデータ転送をサポートしている。これは、64ビットデータ転送が可能な168ピン・184ピン・240ピンのDIMMに相当する。
SO-DIMMの種類を見分ける方法は、モジュールの上に端子についている切りかきの場所である。この場所がどこにあるかによって、判別することができる。100ピンのSO-DIMMは、切りかきが2つ、144ピンのモジュールは端子の中央付近に1つある。
200ピンは左右どちらかの端付近に1つある。200ピンのモジュールは、DDRとDDR2とを区別するために、切りかきの位置にさらに差違がつけられている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る