設計/構造 の SMPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SMP

読み方、または別称:えすえむぴー

SMP(エスエムピー)とは、Symmetric Multiple Processorの略で、複数のCPUによって処理を分散させるマルチプロセッサの方式のひとつで、各CPUを同等に扱って並列処理を行わせる方式のことである。「対称型マルチプロセッサ」とも訳される。
SMPは、複数のCPUで1つの物理メモリを共有して管理し、情報を共有するように設計されている「メモリ共有型並列コンピューティング(マルチプロセッシング)方式」である。これにより各CPUは、他のCPUと全く同様の処理を行うことができ、処理能力や耐障害性などの向上を図ることができる。
なお、実際にはSMP構成サーバの多くは、ハードウェア割り込みを特定のCPUに割り付けており、完全な対称型とはなっていない。また、起動処理においても、特定のマスタブートCPUによりIPL(初期プログラムローダ)が実行され、OSカーネルをメモリ上に読み込んだ後、スレーブCPUが組み込まれる形をとることが多い。
ちなみにSMPに対して、各CPUにあらかじめ所定の役割が決められているマルチプロセッシングの方式はAMP(非対称型マルチプロセッサ)と呼ばれている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る