ネットワーク の SMBに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SMB

読み方、または別称:えすえむびー

SMB (エスエムビー)とは、Server Message Blockの略で、MS-DOS時代のLAN Managerから使われているWindows NTやWindows 95/98などでネットワークを通じてファイル共有やプリンタ共有を実現するプロトコルである。
下位のプロトコルとしてNetBIOSを使うため、ネットワークを越えるルーティングはできず、中大規模のネットワークには向かないが、NetBIOS over TCP/IPの利用によってルーティングは可能となる。
SMBは Microsoftの独自のプロトコルだが、これを正式にドキュメント化して仕様を公開することで、Windows 以外のOSやインターネット上を介してファイル共有サービス等を利用できるように拡張したものがCIFS(Common Internet File System)である。CIFS を使用するアプリケーションとしてWindowsネットワークを実装したフリーソフトウェアのSambaが知られている。
Sambaによって Linux、Solaris、BSD 、Mac OS Xなどの UNIX 系 OS を用いて、Windows のファイルサーバやプリントサービス、ドメインコントローラ機能、ドメイン参加機能を提供することができる。Windows VistaおよびWindows Server 2008では、SMB 2.0がサポートされている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る