ドメイン の SLDに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SLD

読み方、または別称:えすえるでぃー

SLDとは、セカンドレベルドメインのことである。セカンドレベルドメインとはトップレベルドメインの右側に並ぶドメインのことである。セカンドレベルドメインにおいては必ずしもローマ字や英語の表記である必要はなく漢字の使用も可能である。例えば味の素はセカンドレベルドメインに漢字を使用している。日本だけではなく中国や香港においてセカンドレベルドメインは使われている。使われ方の例としてbj.cnは北京として使われている。
他にもSLDの例として膠原病のひとつである全身エリトマトーデスがあげられる。全身エリトマトーデスは本来において体を守るはずの免疫機能が体の臓器を破壊する病気である。日本では難病に指定されている。男性に比べて女性のほうが10倍ほど罹患率が多くなる。白人に多い。原因は不明である。症状として体がだるくなり、蛋白尿が出たりする。ステロイド剤を飲むことが有効な治療法になるが別の病気にかかりやすくなり、ムーンフェース、不妊の副作用が出る。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る