マークアップ言語 の SGMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SGML

読み方、または別称:えすじーえむえる

SGML(Standard Generalized Markup Language)は、文書記述言語SGMLのことで、マークアップ言語のメタ言語である。
分かりやすく言えば、SGMLはマニュアルなどの文書を電子化するための書式の規格で、HTMLおよびXMLのスーパーセット(大元)になり、標準規格はISOにより1986年に定められたISO 8879:1986、JIS X 4151:1992である。
因みにSGMLはオックスフォード英語辞典の電子版を作成する際に利用された。ただし、もとはコンピュータやインターネットは軍事利用を目的として開発されており、SGMLも同様である。すなわち、軍需関係のマニュアルは膨大な量であり、マニュアルを新しく書き直す作業が大変であったので、マニュアルを電子化して、かつメンテナンスの簡素化をはかるための技術が必要になった。
そこで、プレーンテキストだけで、そこにタグを使うことでデータに意味を持たせることが考えられて、規格化されたのがSGMLである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る