メモリカード の SDHCに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SDHC

読み方、または別称:えすでぃーえいちしー

SDHC( エスディーエイチシー:SD High-Capacity)とは、4GB以上の大容量のデータが記録可能なメモリーカードの規格のことで、SDメモリーカードの上位規格である。SDアソシエーション(SCA)が2006年1月に発表した。
SDHCカードは、高速なデータの記録が必要なデジタルビデオレコーダーや、画像データ容量が大きくなってきているデジタルカメラ利用のため、FAT32のファイルシステムが採用された。これにより最大32GBまでの大容量が保存可能になり、転送速度も向上して高速なデータ転送が可能となった。転送速度の保証値は2MB/秒、4MB/秒、6MB/秒の性能区分による「クラス」として規格化されている。
また、SDHCでは従来のSDメモリーカードと同じサイズ(32mm×24mm×2.1mm)だが、ファイルシステムがFAT16からFAT32へ変更になったことにより、SDHC SDメモリーカードにのみ対応した機器ではSDHCを扱うことはできず、SDHCに対応する機器が必要である。
DHCと同じく大容量化を実現した規格として「microSDHC」があり、こちらは2009年1月に「SDXC」という、最大2TBデータが記録可能な規格が発表されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る