光通信 の SDHに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

SDH

読み方、または別称:えすでぃーえいち

SDH(Synchronous Digital Hierarchy)は、同期デジタルハイアラーキーのことで、世界中の地域ごとに異なっていたPDH(従来の同期ディジタルハイアラーキ)を世界的に統一する目的で、1988年にITU-Tによって制定された。
なお、Bellcore社が提案し、ANSI(米国規格協会)で規格化されたSONET(Synchronous Optical NETwork)をそのベースに採用しているため、SONET/SDHとも表記される。
ロックフレームの周期を125μsにして、内部のユーザデーターのペイロードを収納するバーチャルコンテナの数を増やすことによって多重化が行われる。また、フレームにはバーチャルコンテナや、セクションオーバーヘッド、周波数・位相同期管理ポインタ、パスオーバーヘッドが追加された。
なお、SDHの機能は、ユーザデーターから独立した網管理情報のため、信頼性の高い通信が可能であることや、管理ポインタを利用しているため交換機間でのずれの補正が容易でより高速な通信に対応できることなどである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る