ハードディスク の S.M.A.R.T.に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

S.M.A.R.T.

読み方、または別称:すまーと

S.M.A.R.T.(スマート)とは、ハードディスクドライブに搭載されている機能のひとつである。正確には、ハードディスクドライブに障害が起こった際、早期発見をしたり、故障の予測を行ったりする機能である。正式名称はSelf-Monitoring, Analysis and Reporting Technology(セルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジー)で、S.M.A.R.T.はその頭文字をとった名称である。
基本的にハードディスクドライブの障害の発見や故障を予測するために使われるが、すべての故障を予測することは不可能である。しかし安定した利用環境で故障を発見するにはとても向いている。検査項目をリアルタイムに自己診断する他、診断結果を数値化することもできる。
また、その数値を各種のツールに用いることで、さらに新しい発見をすることが可能である。検査項目には「現在の値(Value)」「閾値(Threshold)」「ワースト値(Worst)」「生の値(data)」があり、現在の値または生の値が閾値より下になった場合、バックアップやハードディスクの交換が必要になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る