情報科学 の S-PLUSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

S-PLUS

読み方、または別称:えすぷらす

S-PLUSとは、米国ベル研究所で開発され、Insightful社が販売している汎用データ解析システムのこと。日本では、株式会社 数理システムが日本総代理店として販売を行っている。
S-PLUSは、データ解析言語のS言語が実装されたデータ解析システムで、データ解析機能と、散布図から3Dグラフィックスまで作成することができるグラフィックス機能を備えている。データの入出力データ加工、解析実行やグラフ作成などを、マウスやメニュー選択の操作によって実行を可能にしているほか、オブジェクト指向の設計によって高速な処理を行うことができる。
また、データ管理機能が用意されているため、データベースのデータの修正や抽出、保存といった操作が可能。Excelのファイル形式であるXLS形式など複数のファイルフォーマットに対応して読み込むことができ、国公立その他研究所や政府機関のほか、各種企業でも使用されている。
2012年4月現在、日本語版も販売されており、学生の個人利用専用の「Student Edition」パッケージも用意されている。また、30日間限定のトライアル版S-PLUSも提供されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る