ネットワーク の Rootkitに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Rootkit

読み方、または別称:るーときっと

Rootkit(ルートキット)とはコンピュータに侵入した者が侵入後に使うツールのひとつである。システムを管理する者に正体を見られたとしてもroot(手段)を確保できるようにということからこの名前はついた。侵入者はルートキットを使うことでログオンプロセスを隠すことができる。コンピュータにルートキットを使用して侵入した後はさらにDOS攻撃や電子メール攻撃をコンピュータに加えることが多い。
ルートキットは主に2種類に大別することができる。カーネルレベルのものとアプリケーションレベルのものである。カーネルレベルのものは、カーネルコードを改造してコードを書き換え侵入した形跡であるバックドアをかくすことができる。アプリケーションレベルのものは、普通のアプリケーションを改造、変更するものである。カーネルレベルのものは検出するのが難しく危険なものだとされている。
ルートキットを検出するためにはパソコンの電源をシャットダウンしてストレージを検査することである。RKdetector v2.0を使うことでルートキットを削除してしまう方法もある。ただ、これらの方法でも完全にルートキットを検出することはできない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る