シリアル/USB の RS-422に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

RS-422

読み方、または別称:あーるえすよんにに

RS-422(アールエスヨンニーニ)とは、Recommended Standard 422の略で、最大10Mbpsのスピードで、最大1.2kmまでデータの伝送が可能なシリアルインターフェイスのこと。EIA(米国電子工業会)によって標準化されている。
ケーブルの最大長は1.2kmで、コネクタにはD-sub25ピンのものが使われることが多い。コンピュータ本体とプリンタやモデム、スキャナなどの周辺機器との接続に使われていたが、RS-232Cとの互換性はなく、両方の機器が接続できるように設計されている場合が多い。
RS-422は工業分野においてよく使用されているインターフェイスで、RS-232Cが複数の信号線の共通のグランド線を共有し、送信信号や受信信号の電圧を変化させて信号を伝送する不平衡型の方式であるのに対して、RS-422は、+の信号線と-の信号線を使って信号を伝達する。
RS-422は1対の送信あるいは受信信号線をそれぞれ+、-の差動信号に分離することにより、ノイズを打ち消し、長距離の延長が可能なことから、工場のようなノイズが多い環境では使用に適している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る