プリンタ の RIPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

RIP

読み方、または別称:あーるあいぴー

RIP(Raster image processor:ラスターイメージプロセッサ)とは、ビットマップ画像(ラスターイメージ)を生成するためのコンポーネントである。生成されたイメージはプリンタなどに送られ、出力される。入力はPostScriptやPDFなどレベルの高いものや、出力機器との解像度が合わないものである。
ただし後者の場合は、入力ラスターイメージから出力ラスターイメージへの変換なので、RIPやアルゴリズムなどを適用する。また、ラスターイメージ処理は一般的にPostScriptファイルやCADファイルなどの情報を印刷の際に必要とする高解像度ラスターイメージに変換・処理するための手段である。
他にも、RIPはプリンタ内のオペレーティングシステムファームウェアのソフトウェア部品としても実装されることがあり、独立したハイエンドの組版システムで使われることもある。GhostscriptやGhostPCLなどRIPの一種になる。ちなみに、PostScriptのプリンタには、RIPが内蔵されており、また多くのプリンターメーカーは独自のRIPを開発・搭載している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る