情報科学 の RESTに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

REST

読み方、または別称:れすと

REST(Representational State Transfer) は、分散ハイパーメディアシステムのためのソフトウェアアーキテクチャのスタイルのことで、2000年(平成12年)に、ロイ・フイールディング(Roy Fielding)の博士論文で使われて、その後、ネットワーキングコミュニティで広く使われるようになった。
RESTは、初めはアーキテクチャの原則と制約の集まりと解釈されていたが、ウェブサービスのSOAPプロトコルのような MEP(Message Exchange Pattern)などを意味する用語になった。
なお、フイールディングのREST原則に沿ったシステムはしばしばRESTfulといわれ、RESTを支持する人を、もじってRESTafarians(ラスタファリアン)と呼ぶ。また、RESTful的 なシステムでは、すべてのリソース URI (Uniform Resource Identifier) で表されるユニークなアドレスを持っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る