RAM の RDRAMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

RDRAM

読み方、または別称:あーるでぃーらむ

RDRAMとは、Rambus社によって設計されたシンクロナスDRAMの一種で、Direct Rambus DRAMあるいはDRDRAMと呼ばれている。時に、Rambus DRAMやRDRAMと呼ばれる場合もある。
1999年に、RDRAMをサポートしている最初のパソコンマザーボードが登場した。これらの製品はPC-800RDRAMに対応しており、400メガヘルツ動作で1600MB/sの転送速度を、184ピンのRIMMフォームファクタを用いて提供している。
データは、クロック信号の立ち上がりと立ち下がりのダブルデータレートで転送され、物理的なクロックレートは2倍とされる。よって、400MHzのRumbus規格はPC800と名付けられた。以前の規格よりも大幅に高速化されており、133MHzで動作、64ビットの168ピンDIMMのフォームファクタで1066MB/sの転送速度を提供している。
さらには、デュアルまたはクアッドチャンネルのメモリサブシステムをマザーボードに備えている場合は、すべてのメモリのチャンネルは同時にアップグレードしなければならない。性能としては、現代の他のメモリ規格と比較すると、若干のレイテンシの増加と発熱、製造上の複雑さとコストの高さがあるとされる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る