XML の RDFに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

RDF

読み方、または別称:あーるでぃーえふ

RDFとは、ウェブ上にある「リソース」を記述するための統一された枠組みのことで、W3Cにより規格化されている。正式名称はResource Description Framework( リソース・ディスクリプション・フレームワーク)。RDFは頭文字をとった略称になる。特にメタデータについて記述することを目的としており、セマンティック・ウェブを実現するための技術的構成要素の1つとなっている。
応用例として、RSS(RDF site summary)やFOAF(Friend of a Friend)などがある。RDFをXHTMLに埋め込む規格にRDFaがある。RDFのメタデータモデルは、主語・述語・目的語の3つの要素でリソースの関係情報を表現している。これをトリプル(triple)と呼び、主語は記述対象のリソースになる。 述語は、主語の特徴や主語との目的語との関係を示し、目的語は主語との関係ある物や述語の値となる。このトリプルは、グラフ理論におけるグラフで表現でき、通常リソースのノードを丸で示し、テキストノードを四角で示す。
トリプルの関係は、これらのノードを述語を重みととしたエッジで結ぶことを表現し、グラフはRDFに記述されるすべてのトリプルを可視化し表現する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る