データベース の RDBMSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

RDBMS

読み方、または別称:あーでぃーびーえむえす

RDBMS(relational database management system)とは、コンピュータのデータベース管理システム(DBMS)のこと。これはエドガー・F・コッドが提唱した関係モデル(リレーショナルモデル)に基づいたものである。また、RDBMSによって構築するデータベースのことを、リレーショナルデータベースと呼ぶ。
エドガー・F・コッドは、RDBMSが備えるべき条件として「コッドの12の法則」というものを提唱している。しかし、初期の関係モデルはこの規則を満たした実装とはなっていなかったため、RDBMSは当初と比べ、広い意味でのデータベースシステムを対象として使用されることが多くなった。
現在では、システム利用者が、複数の行と列からなる表を用いた、いくつかの関係の形で扱うことができるシステム、利用者が表形式データを参照、また更新する集団として、制限、射影、結合、和などの関係代数や関係論理といった関係演算を使用することができるシステムなどに対して、RDBMSの用語が使われている。
なお、商用のRDBMSではOracle Database や IBM DB2など、オープンソースのRDBMSではMySQL や PostgreSQL などが、広く認知されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る