TCP/IP の RARPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

RARP

読み方、または別称:らーぷ

RARP (ラープ)とは、Reverse Address Resolution Protocolの略で、TCP/IPネットワーク内で、各Ethernetカードの固有のID番号であるMAC(Media Access Control)アドレスからIPアドレスを取得するのに使われるプロトコルで、ARP(Address Resolution Protocol)と逆の動作をするプロトコルである。
Ethernetカードには1枚1枚に重ならない番号が割り当てられており、それをMACアドレスという。 論理アドレスのように、別のネットワークにコンピュータを移動したときに変わってしまうIPアドレスに対して、MACアドレスは別のネットワークにコンピュータを移動しても変わることのない物理アドレスであり、このMACアドレスを使ってネットワーク内のコンピュータ同士はそれぞれを認識している。
ネットワークコンピュータでは、IPアドレスを保存できるハードディスクがないため、ネットワークに接続したときには、自分のMACアドレスは知っていても、IPアドレスはわからない。そこで、RARPサーバに対して問い合わせを行うと、RARPサーバは送信元のMACアドレスを参照して、対応するIPアドレスを返送する。
なお、最近のネットワークではディスクレス型ワークステーションが使用されることはほとんどないため、RARPはほとんど利用されることのないプロトコルとなっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る