端末 の QVGAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

QVGA

読み方、または別称:きゅーぶいじーえー

QVGA(キューブイジーエー)とは、ディスプレイの解像度のひとつで、画面を構成するドット数が320×240ドットであるもののことである。QVGAは、画面解像度のひとつの基準となっているVGA(640×480ピクセル)と比較して、面積・画素数が1/4(Quarter)であるため、このように呼ばれ、2009年頃までPDAや携帯電話などの画面に採用されている。
ちなみに、解像度がVGAの1/4のさらに1/4(160×120)であるものはQQVGAと呼ばれ、これは第二世代携帯電話(1993年に、第1世代移動通信システムの次に登場したデジタル方式の移動通信システムのこと)において主流となっていた。
第三世代携帯電話では、ディスプレイの大型化と通信の大容量化が行われたために、QVGAを採用する機種が増加した。
QVGAをベースに、長辺を拡張した日本電気 (NEC) が開発したQVGA+(キューブイジーエープラス:日本電気の登録商標)、カシオ計算機が開発したワイドQVGA(ワイドキューブイジーエー)、NECが開発、NEC・パナソニック モバイルコミュニケーションズが自社製携帯電話端末に採用しているワイドQVGA+(ワイドキューブイジーエープラス)、ソニー・エリクソンが開発したフルワイドQVGA(フルワイドキューブイジーエー)がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る