ネットワーク技術用語辞典 の QAMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

QAM

読み方、または別称:きゅーえーえむ

QAMとは、直交振幅変調(quadrature amplitude modulation)のことで、QAMはその略称である。QAMは、QAM変調とも呼ばれ、APSK、振幅位相変調の1つであり、これはASK、すなわち振幅変調と、PSK、すなわち位相変調の組み合わせから構成される。これは、データを伝達する変調方式の1つで、互いに独立した2つの搬送波、すなわち同相(in-phase)搬送波、及び直交位相(quadrature)搬送波の振幅と、位相を変更、調整して行われる。
この2つの搬送波、もしくは正弦波は、互いに90°の直交位相関係として存在している。QAMにおいても、他の変調方式と同じようにデータ信号に応じ、搬送波信号、搬送波、あるいはシヌソイドにおける何らかの局面を変更することによって、データの伝達を行う。
QAMの場合は、データ信号を表すために、直角位相関係にある2つの搬送波の振幅、位相を変更している。限定された帯域幅で効率の良いデータ転送を行うことが可能である。これは、データの表現を、変換後の波の振幅と位相の両方を使用するためである。
QAMは、ITU-TSのモデムに関する規格V.22bis以降で、標準の変調方式として採用されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る